キューバ

【2019年10月】キューバ 入国に必須のツーリストカード日本国内で即日取得する方法

キューバに行く場合、30日以内であればビザではなくツーリストカードというものが必要になります。

そこで先日2019年12月に行くキューバのツーリストカードを東京にあるキューバ大使館で取ってきました。事前準備はしていたつもりですが結果的に取得するのに1時間ちょっとかかってしまいました。

本来であれば10分ほどで取得出来るはずのツーリストカード、皆さんには回避してほしい私のやらかしポイントと大使館までの行き方を併せてご紹介します。

ぜひノーストレス、最短でツーリストカードをゲットしてください。
(尚この情報は2019年10月の情報となります。最新の情報は在日キューバ共和国大使館で確認をしてください)

【2019年10月】キューバ 入国に必須のツーリストカード日本国内で即日取得する方法

キューバのビザの種類などは後で説明するとして、朝いちばんに(9:30〜)東京にあるキューバ共和国大使館に赴き、約10分でツーリストカードを手に入れるためのポイントは3つと必要書類6つはこちら!

①証明写真  5cm×5cm

②申請書と書き方
あらかじめダウンロードして記入していくと早い

③申請料金 2100円
現地受け取り不可!
事前に支払い当日は領収書を用意すること

④パスポート顔写真の部分のコピー

⑤飛行機チケットの予約書のコピー

⑥1泊目の宿の予約書のコピー

行き方ですが最寄駅となる「赤羽橋」から徒歩3分と駅からはめちゃくちゃ近いです。

駐日キューバ共和国大使館 〒106-0044 東京都港区東麻布1丁目28-2
電話番号 03-5570-4481
開館時間 9:30〜12:00

 

写真を用意する 5cm×5cm

以前は証明写真は申請書によって写真のサイズが異なるので注意が必要でしたが、どうやら5cm × 5cm(縦 × 横)で統一されたようです!

以前の規定はこちらでした↓
①キューバ大使館でもらえる申請書 4cm × 3cm(縦 × 横)
②キューバ大使館公式サイトからダウンロードできる申請書 5cm × 5cm(縦 × 横)

私は写真のサイズが統一されたことをしらずに大使館でもらえる申請書をあてにしていったため写真は4cm × 3cm(縦 × 横)を準備していってしまいました。

ところが
現地で配っていた申請書が大使館の公式サイトからダウンロードできる申請書だったので
写真サイズは5cm × 5cm(縦 × 横)

しふぉんせ
しふぉんせ
これで受け付けてもらえなかったら泣く

ダメもとで聞いたら

大使館スタッフ
大使館スタッフ
とりあえずそれで出してください〜

結果 大丈夫でした!!!

ですので写真はどちらか準備していきサイズが違っても受け付けてもらえるようですが、このブログを見た方は必ず5cm×5cmを準備していきましょう。

尚、証明写真機械ですが大使館の最寄駅となる「赤羽橋駅改札すぐ出たところにあります」

あとは三田国際郵便局前にもありました

申請書と書き方 申請書はダウンロードして記入していくと早い

現地でももらえますがこちらからダウンロードできます!

書き方サンプルはこちらです↓
大使館にあったものです

申請料金 2100円

今まで他の国のビザを申請した時、申請料金は全て大使館で現地支払いだったのでまさか事前支払いだとは思っておらずお金を払おうとしたら。。。

大使館スタッフ
大使館スタッフ
事前に振り込んだ振込用紙を提出してください。まだ振込をしていなかったら近くのコンビニのATMか郵便局で支払ってその振込用紙を持って来てください

ということで事前にこちらに振り込みましょう。金額は一人2100円です(2019年10月現在)3500円は代理申請の場合別途かかる金額です。

三菱東京UFJ銀行 広尾支店 普通1128153
キューバ大使館

三菱UFJ銀行のATMカードがあれば近くのコンビニで支払いも可能ですが、ない場合は三田国際ビルの地下1Fに郵便局がありますのでそちらへどうぞ!

地図だと6分になっていますが歩いて15分ほどかかります。

〒108-0073 東京都港区三田1丁目4−28

パスポート顔写真の部分のコピー

大使館の最寄駅 赤羽橋駅を出てすぐのところにコンビニがるのでコピー可能です。

飛行機チケットの予約書のコピー

こちらも最悪の場合ファミリーマートのネットプリントでもプリントアウト可能です。

1泊目の宿の予約書のコピー

1泊目のみで大丈夫とのことです。
こちらも最悪の場合ファミリーマートのネットプリントでもプリントアウト可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

事前に準備をしていくとあっという間に撮れるのがキューバのツーリストカードです。そのほかにも郵送、メキシコの空港、エアカナダの飛行機の中でも取れるようですが、取れなかった場合焦りたくないので、日本で事前に取得しておくことをお勧めいたします。

参考になれば嬉しいです。